なつかしのドラゴンクエスト5

私は現在31歳の既婚の会社員男性です。

2年ほど前に仕事が原因の過労で体を壊し、3か月ほど会社を休んでいた頃にゲーム中毒となりました。

会社を休んで1か月ほど経った頃体調も良くなり、久しぶりに買い物に出かけた際、興味本位でゲームを売っているお店に入ったところ、はるか昔小学生のころに興じていたドラゴンクエスト5がニンテンドーDS版で売っており、なつかしさの余り即購入しました。

ゲームソフトの金額は3,000円程度でした。

ドラゴンクエストシリーズは有名なRPGのゲームですが、私がはまったドラクエ5は、個人的にはシリーズの中でもストーリーが面白く、モンスターを仲間にできる等、やりこみできる要素が多いのが特徴だと思います。

買ったその日からすぐにはまってしまい、当時は自宅で毎日10時間程度ゲームに興じていました。

就寝、入浴、食事以外はほぼゲームでした。

当時3才だった子どもとも遊ばなくなり、妻とのコミュニケーションもそっちのけの状態でした。

酵素ドリンク 妊娠中の状態の妻をほったらかしにしていることになんの罪悪感もなかったのです。

夜に妻と子どもが寝静まった後のほうが集中できるため、次第に夜通しでゲームをするようになり、気が付くと昼夜逆転の生活に・・・病気で会社を休んでいるのにそんな状況でしたので、日々妻に小言を言われ、夫婦仲も良くなかったです。

そんな生活が1か月ほど続きましたが、ある日妻から、「病気で会社を休んでいるので元気があるときは好きなことをしていいんだけど、もっと子どもとふれあってほしい」と涙ながらに訴えられ、それまでゲーム最優先であった気持ちが変わりました。

久しぶりになつかしいゲームに出会ってついつい一時期はまりすぎましたが、家族が一番大事と考えて今はほどほどに楽しむよう心がけています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です